俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

畦蛙夏近ずきて笑ふなり

作者 めいしゅうの妻  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

私の近所ではまだカエルの鳴き声を聞くことが出来ます。
蛙と夏は季語重なりでしょうか?

最新の添削

「畦蛙夏近ずきて笑ふなり」の批評

回答者 つちや郷里

めいしゅうさんこんにちは。

御句ですが、俳句の評価の前に
「畔蛙」という言葉ってありますかね?調べましたがお米のブランド名と思われるものしか出てきませんでした。もしありましたらお教えください。それとも、そのブランド名として使っていますか?今回は生き物の方の蛙として評価していきます。ブランド名は「畔かえる」という表記ですからね。
あと、「近ずく」ではなく「近づく」ではないでしょうか。

さて俳句ですが、「蛙」と「夏」の季重なりをお気になされてますが、この句は「蛙」と「夏近し」という季語の季重なりになると思います。
「夏」はもちろん夏の季語ですが、「夏近し」は春の季語です。ちなみに「蛙」は春の季語です。
ただ、季重なりを解消したらめいしゅうさんの言いたいことが伝わらなくなってしまいますし、蛙と時候の季語を重ねた名句もあるので、今回は季重なりのままでいきます。

・「夏近し蛙は笑ふやうに鳴く」
・「蛙鳴く近づく夏に笑ひける」
※動詞が三つもあるのでせわしない印象になってるかも

今後ともよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

カラスどこ代わりツムギのちょこりちょこ

作者名 こま爺 回答数 : 1

投稿日時:

囚われしボトル仕掛けに雀蜂

作者名 竜子 回答数 : 1

投稿日時:

風に乗る白鳥徐行列車抜く

作者名 根津C太 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『畦蛙夏近ずきて笑ふなり』 作者: めいしゅうの妻
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ