俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

霞ゆく渋谷の丘の夢幻かな

作者 文室七星  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

毎年3月20日(21日)が母校の卒業式です。
卒業から幾星霜。在学中の事から卒業式後までの事の記憶が遠く彼方に行っている箇所があります。春の季語の「霞」と記憶が霞みゆくことを掛けています。
中七は母校の場所です。
校歌に「渋谷の丘に」とあるので、「渋谷の丘」を使いました。
かつてのことを思い出し、その時空に行って、現在の時空に戻ってきたことを「夢幻」としました(当初は「神隠し」)。

最新の添削

「霞ゆく渋谷の丘の夢幻かな」の批評

回答者 やまの はるか

こんにちわ 「渋谷の丘」では学校であることは伝わらないと思うので 「母校の〜」とか入れるのはどうでしょうか 提案ワードがなくてすみません 宜しくお願いします

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、やまの はるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏立や防音壁に集う鳩

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

万緑と弁当香る寺の庭

作者名 teru5781 回答数 : 4

投稿日時:

彼岸過ぎ開幕投手だれだろね

作者名 登盛満 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『霞ゆく渋谷の丘の夢幻かな』 作者: 文室七星
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ