俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

交差点君のここだよ猫の恋

作者 啓平  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

交差点 君の「ここだよ!」猫の恋

待ち合わせ場所に向かう途中
彼女の呼ぶ声が騒々しい交差点の向こうからも聞こえて。思う相手の声ってこんなに騒々しい場所でもしっかり聞こえるんだなと思い。

交差点の髪語では不充分な気がして...

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「交差点君のここだよ猫の恋」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。はじめまして。

「猫の恋」上手に使わなければならない季語です。

「猫の盛り(発情期)の声・様子」を表す季語ですので、初恋のように「綺麗な恋」に比喩させようとすると、大変な比喩になります。
発情して子作りする比喩をしていることになります。
また発情している猫の声や姿にある種のもの悲しさを感じたり、オスの場合はメスを奪い合い喧嘩する様子でもある、という季語でもあります。
猫は夜行性のため、時間帯も薄暗くなってからのイメージがつきます。
「猫の恋」の意味を知れば知るほど、あまり爽やかな恋愛ではなくなります。

「恋」という文字があるからと安易に使わず、もう少しさわやかな季語を使う方が、ご心情には合致するのではないでしょうか。
たとえば「春の風」とします。

・交差点君のここだよ春の風

で、季語を変えても変えなくても「三段切れ」というあまり良くない状態になっているのですが、長くなるのでここでは省略します。気になったら一度、検索して調べてみてください。
「三段切れ」を回避するとすれば、ちょっと十七音に収容するには単語が多いので、整理が必要なようです。たとえば、という形で置いておきます。

・君からの「ここだよ」の声春風に
・春風や交差点から君の声

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ことさらに熱き茶を淹れ暑に耐ふる

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

思いでは酔い止め二錠遠足の

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

夏夜の山手つっぱらせて気分上々

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『交差点君のここだよ猫の恋』 作者: 啓平
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ