俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白銀の外ながめ午後炬燵番

作者 やまの はるか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先の炬燵は取り消します

最新の添削

「白銀の外ながめ午後炬燵番」の批評

回答者 こま爺

風花の句にコメント頂きありがとうございます。

さて、御句ですが、題材を整理すると
1 戸外は銀世界
2 自分は暖かい炬燵の中
外と午後は省略可でしょうね。

”銀世界駆ける想いの炬燵かな”

如何がでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白銀の外ながめ午後炬燵番」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

水谷さんこんにちは。いつもお世話になっております。
御句、2点ほど感想を述べさせていただきます。「炬燵に入って外の雪景色を眺めている」との句と思いますので、午後の情報は省略できる、というか詰め過ぎだと思います。いつも私がやっている間違いなのに人の句だと気になってしまいます、なんとか自分の推敲に活かしたい今日この頃です。
もう一つ、白銀は季語ではありませんが、「白銀の外ながめ」と言われたら雪景色しかありませんので、ほぼ気重なりと思います。雪景色と炬燵の一騎打ち、かなり強烈な季節感を感じました。よろしくお願い致します。

点数: 2

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ひたすらにド派手好みの椿かな

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

夏の燈や艶めく床の演舞場

作者名 やす 回答数 : 0

投稿日時:

光なき色なき紅葉渡る風

作者名 めでかや 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白銀の外ながめ午後炬燵番』 作者: やまの はるか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ