俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

山百合のその深淵の奥の香

作者 森本可南  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夏の句では、ありますが、ずっとあたためていた句なので、発表させていただきました。

意訳は、未亡人のエロスなのですが、それは、伝わらないのでそのまま、おとりください。香は、こうと読んで下さい。

最新の添削

「山百合のその深淵の奥の香」の批評

回答者 感じ

はじめまして。凡空と申します。
私としては、そういう「エロチック俳句」好きです。
ただ、「深淵」と「奥」、意味が重複している気がします。
仮に「深淵」を残すとしても、多少、仰々しく、また、作者の「作為」があるようにも思います。
最終的には、作者の「好み」でしょう。
花枇杷や甘がみしたきほどの蕊
よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「山百合のその深淵の奥の香」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

中七下五の、深淵の奧が抽象的過ぎて結局香りだけが浮き、季語の説明になっていると思います。

春隣にコメントいただきましたが、季語との取り合わせの関係では青空に微かに春を予感するという、それほど離れてはいないと考えています。

失礼しました。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「山百合のその深淵の奥の香」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

森本さん。
気にしないでください。
どんどん遠慮なくおっしゃって下さい。
それで少しでも前進できれば互いにハッピーとしましょう。
互いにまずは楽しみましょう。

今後ともよろしく。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夢舞台希望が響く夏の音

作者名 井村誠貴 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

薫風や花びら一枚ついていく

作者名 オルタンシア 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

鶴作る二人の指先秋湿り

作者名 晴峯旬草 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『山百合のその深淵の奥の香』 作者: 森本可南
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ