俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

時雨かな流るゝ季節去る茜

作者 いぶき  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

時雨の使い方

最新の添削

「時雨かな流るゝ季節去る茜」の批評

回答者 負乗

いぶき様、初めまして。
この句は完全な"三段切れ"ですね。
"三段切れ"が何故駄目なのか、その微妙なところは、私もまだ会得しきれませんが、この句は、「時雨」「流るる季節」「茜」とばらばら過ぎて、融合がないと思います。三つの感慨を、五七五にただ詰めたという感じがしますかね。
「流るる季節」も、理屈っぽく感じました。
上五の「かな」の切れ… 私は、一度も試してみたことありませんが、かなり高度な技が、必要ではないですかね…
「去る茜」とは、"茜空"のことですかね…?植物の"茜"ですか…?
"茜空"だとすると、「去る」という表現は適切ですかね…?
突っ込みどころ満載の句と感じますが、"韻文"を志向している点で、好感が持てましたね。

また宜しくお願いします😉

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒中水泳女性の体の妖艶さ

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

よちよちが湯あみの盥夏は来ぬ

作者名 藤井茂 回答数 : 1

投稿日時:

蜥蜴穴出でてすぐさま虫に逢ふ

作者名 負乗 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『時雨かな流るゝ季節去る茜』 作者: いぶき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ