俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

可惜夜やアリアの後は聖夜曲

作者 友也  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様、添削を本当にありがとうございます。本当に俳句のセンスがなくて辛いのですが、夏井先生曰く、俳句は筋トレと同じでやれば伸びるそうなので、それを信じて続けてみようと思います。

私の住む街で「イタリアの街角のクリスマス・コンサート」と題するコンサートが開かれました。イタリア人のアコーディオンにヴァイオリン、そして日本人のソプラノで、オペラのアリアやクリスマスソングなどを演奏しました。

良い夜という言葉を入れたかったのですが、良夜は月が美しく明るい夜を意味する秋の季語なので、明けるのが惜しい、すばらしい夜を意味する可惜夜〈あたらよ〉を使ってみました。

批評・添削していただけると嬉しいです。
皆様の御健康と御健吟をお祈りいたします。
今日も天の父なる神様の惜しみない祝福がありますように。

最新の添削

その他の添削依頼

夏の末夜空の花と伸ばした手

作者名 荒産泥寝素多 回答数 : 1

投稿日時:

不倫夫忿怒顔紅蓮着妻

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

駅中に並ぶ干物の鯉幟

作者名 根津C太 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『可惜夜やアリアの後は聖夜曲』 作者: 友也
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ