俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

無花果にされど恋する乙女かな

作者 喜郷  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

(大意)
無花果のように、恋心が見えることはないけれど、それでも恋する乙女なのだな。

最新の添削

「無花果にされど恋する乙女かな」の批評

回答者 イサク

こんにちは。はじめまして。
俳句は初心者様とお見受けします。

コメントの(大意)には、短歌が合いそうですね。
・無花果のように心は見えねども されど恋する乙女なのだな

出されている俳句の方は、問題点が多いです。

◆先になおじい様がおっしゃっている通り、「無花果に恋する乙女」という意味になっています。
 無花果がそんなに好きなのか・・・?という感じです。
◆途中に「されど」とあるので、正確には「それでも無花果に恋する乙女」という意味。「それでも」の前に、何かが匂わされています。
 【無花果を食べすぎると太ることはわかっているけれど、それでも無花果に恋する乙女】ぐらいの意味かなあ・・・?

◆コメントの(大意)からは「無花果のような恋心」と言いたいのでしょうが、これでは伝わりません。
 また、(大意)どおりに俳句を作ると、季語「無花果」が比喩で、風景として実物が存在しなさそうなのも、俳句としては残念な点です。

・無花果のように恋する乙女かな (季語が比喩で、季語としての力が弱い)

という感じでした。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「無花果にされど恋する乙女かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

喜郷さん、こんにちは。
御句拝読しました。
申し訳ありませんが、意味をとらえられません。
「無花果(いちじく)のように恋心が見えることはない」、というのは、「花が咲かない」というような意味ですか?それなのに恋をするのが乙女心だ、ということでしょうか?誰の恋心なのでしょうか?
「無花果は相手にしてくれないけど恋をする、それが乙女なのだなぁ」ということになりますが…。

鑑賞力が足りずお恥ずかしい限りですが、他の方々のコメントを拝読して勉強したいと思います。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

警報出で雷鳴大地を揺るがせし

作者名 04422 回答数 : 0

投稿日時:

梨投げてミットにすぽり収まれり

作者名 負乗 回答数 : 3

投稿日時:

フラッペの幟はためく猛暑かな

作者名 腹井壮 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『無花果にされど恋する乙女かな』 作者: 喜郷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ