俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

犬吼えて群雲迫り無月ああ

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

突然のことに、無月の趣がどうのこうのの前に、素直に残念な気持ちです。
ああは、名月を見せてあげたかったのにと
いう気持ちです。

最新の添削

「犬吼えて群雲迫り無月ああ」の批評

回答者 かぬまっこ

誰に月を見せてあげたかったのでしょうか?犬吠えてが頭にあるので犬にでしょうか❔上五、中七でその思いを詠み「無月かな」と下五にすれば伝わるのではないでしょうか。(^.^)(-.-)(__)

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋の嵐ごみと人と烏丸と雀

作者名 こま爺 回答数 : 0

投稿日時:

春惜しむ句帳のメモの乱れがち

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

薄物と冬物混ざり服売り場

作者名 洋子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『犬吼えて群雲迫り無月ああ』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ