俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夕餉冷む二百十日の本の虫

作者 虚俊  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夕餉は「ゆうげ」と読みます。夕飯のことです
体調を崩した読書好きの人が夕飯も食べずに黙々と読書を続ける光景を詠みたかったのですが、気になるのが季語です
二百十日を調べたところ、「台風が来やすい時期のことで農家にとっての厄日」というようなことが載っていたのですが、台風として使われていない句を見かけたのでどうなのかなと
二百十日は現在マイナスの意味を持つ季語として使われているのか、そうでないのか教えてください。お願いします

最新の添削

本の虫二百十日を臥してをり

回答者 ハオニー

季語「二百十日」は立春(近年は2月4日頃)から数えて二百十日目のことで、およそ9月1日頃を表しています
ここで疑問に答えます
季語「二百十日」は「季語の移り変わりの目安」が本意であるため、イコール台風が来ている状況ではありません
台風の前触れを思わせる時候の季語です

さて、この句の疑問点へ参りましょう
「本の虫」の意味が2つ考えられます
1.本に夢中になっている人
2.本についている糊を食べる虫(紙魚...シミ)
この句の「本の虫」を2の意味でとられると、意図とは違う作品になります

私のやり方で提案します
本を読みふけっていたら、朝昼晩関係なくご飯は冷めるよね→「夕餉冷む」はその通り
削ったところに具合が悪いという意図を入れることに

本の虫二百十日を臥してをり
これなら「本の糊を食べる虫」という解釈はしづらくなります

点数: 3

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬うらら競ひより来る錦鯉

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

立蕎麦の湯気すぐ消えて霜の朝

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

机上には宿墨三日寒灯下

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夕餉冷む二百十日の本の虫』 作者: 虚俊
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ