俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅雨寒や宗盛公の命乞い

作者 白南風と黒南風  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

平宗盛は壇ノ浦の合戦後に捕らえられて、打首にあっています。
捕らえられたあと、鎌倉に護送された際は、食事もせずに泣きつづけ、頼朝との対面ではひたすら命乞いをし、「これが清盛の子供か」と嘲笑され、「平末国」と改名させられております。
命乞いをする人間でも問答無用で切り捨てなければならない武士の世の中は、きっと梅雨寒のように心地悪く、苦しいものだったのではないかという推測のもと作成した俳句になります。

最新の添削

「梅雨寒や宗盛公の命乞い」の批評

回答者 なおじい

白南風と黒南風さん、こんにちは。
御句拝読しました。
この宗盛公のお話は残念ながら存じませんでした。

ご存知の方々には哀愁の漂う句なのだと思いますが、知らないものにとっては、なんのこっちゃという感じですね。

それでもいいようであればいいのですが、私のように一人でも多くの方々から賛同をいただきたいと思うようであれば、句のテーマを歴史よりも花鳥風月、雪月花に移したほうがその可能性は高くなると思います。
そう思うならですよ!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雨は来ず宅配は来ず蜂も来ず

作者名 みつかづ 回答数 : 3

投稿日時:

寒冷下我暖まる缶コーヒー

作者名 のんき 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

残雪の稜線確と青き空

作者名 山口雀昭 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅雨寒や宗盛公の命乞い』 作者: 白南風と黒南風
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ