俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蝶も寝るふわり菜の花じゅうたん

作者 ぴかちゅー  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春の景色をテーマに書いてみました。
ちょうちょも気持ちよさそうに菜の花畑の絨毯で見立てて、お昼寝しているのどかな景色を書きました。

最新の添削

「蝶も寝るふわり菜の花じゅうたん」の批評

回答者 イサク

こんばんは。はじめまして。

風景を出そうとしているのは見えます。
日本語としては理解できる範囲に収まっています。
(もっと意味のわからない俳句というのがあるのです)

ここから先、私は厳しめなので気に入らなければすみません。
◆五七五の意識はありますが、最後の「じゅうたん」が四音なのが惜しいですね。この字足らずは気になりますね。
◆「蝶」と「菜の花」が季語なので、季重なりという状態です。季語はひとつにして、そのひとつを目立たせた方が、俳句としては伝わりやすいです。

この句の「蝶」を実際にはいない状態(比喩)にして、「菜の花」をメインの季語として、五七五も気を付けてみると…

・菜の花のじゅうたん蝶も寝るような
こんな感じでしょうか?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蝶も寝るふわり菜の花じゅうたん」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

ぴかちゅーさん初めまして。
非常に牧歌的で可愛らしい句だと思います。絨毯というふわふわしたものを敢えて「ふわり」と置くのも勇気がいる判断だったでしょう……!
ただ、字足らずにする意味があるのか、蝶と菜の花で季重なりになっておりどちらに主軸を置いているのか曖昧というのは気になるところです。

菜の花だけで勝負することを考えて
「じゅうたんのごとくに菜の花のふわり」
としてみました。

指摘事項: 字足らず 季重なり

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

盲目の父の俳諧春の夢

作者名 めでかや 回答数 : 1

投稿日時:

もう舞えぬ低さに居りて秋の蝶

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 3

投稿日時:

五右衛門の令和に怯え夏嵐

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蝶も寝るふわり菜の花じゅうたん』 作者: ぴかちゅー
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ