俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ああ言えばこういう幼稚な夏休み

作者 ふじの新聞紙  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

久しぶりに閲覧したら、
古参と新参者のいがみあい、ひがみあい、罵りあいが激しいですな。

口は災いの元。言ってだめなら受け流す度量を身に着けていきましょう。

お互いに。

最新の添削

「ああ言えばこういう幼稚な夏休み」の批評

回答者 腹井壮

ふじの新聞紙さん、こんばんわ。
実力のない人が実力のある人を妬むのはよくある事です。特にプライドだけ高くて実力のない人は必要以上に吠えたがり噛みつきますから。俳句は人間性が反映する事もあるので尚更良い評価をされずらくなりますしね。なんにしろ特別変わった事はないと思いますが。 

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

汽車よゆく残雪と新芽ホームにあり

作者名 菊地哲平 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

装甲車ポリスに任す短日や

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

蛍になりてとまるや君の指

作者名 かぬまっこ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ああ言えばこういう幼稚な夏休み』 作者: ふじの新聞紙
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ