俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

腸を爆ぜぬよに焼く頬刺かな

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冷酒を呑みながら尾鰭の所を摘みガス火で頬刺を焼くとき腸が爆ぜないように火傷もしないようにとする不精を詠んだ句です。

最新の添削

「腸を爆ぜぬよに焼く頬刺かな」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。卯筒さんの句は色々と美味しそうなものが出てきて読むのが楽しみです。

これもいい感じですねー。ただ、中七がちょっと説明調子なのかなと思いました。また、爆ぜるのは魚、焼くのは人と、主語の違う動詞が続くので、詰まり感があります。
あと、「焼く頬刺」よりも「頬刺焼く」のほうが語順としては通りやすいかと思いました。

少し考えてみました。

・腸を爆ぜさぬやうに頬刺焼く
・頬刺の腸爆ぜぬやうに焼く

そうこうしているうちに、

・頬刺焼く腸爆ぜることもなく

上手く焼けました!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ハリーウィンストンに値札無くて夏

作者名 たーとるQ 回答数 : 5

投稿日時:

ふるさとの夏の夕暮れジェルの風

作者名 森本可南 回答数 : 2

投稿日時:

スーパーの半額セール初花火

作者名 いなだはまち 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『腸を爆ぜぬよに焼く頬刺かな』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ