俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

柿落葉まばらに呻く啓示の書

作者 如月  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

大事な約束を破ってしまった時に書いた句です。罪悪感に苛まれながら柿落ち葉を見た時に、落ち葉が聖書の1ページ1ページに見えたので、そのまま句にしました。

最新の添削

「柿落葉まばらに呻く啓示の書」の批評

回答者 なおじい

如月さん、こんにちは。
御句拝読しました。
多分に詩的な措辞を置いていらっしゃるので、解釈もチカラが要ります。
「柿落葉」はいい季語では。
「まばらに呻く」、これは柿落葉がまばらに呻いているのですか?そうとしか読めませんけど、もしかして作者がですか?
「啓示の書」というのは聖書のことですか?私はキリスト教でないので詳しくなくてすみません。
落ち葉が聖書の1ページ1ページに見えたとは、如月さんは信仰が厚いのですね。

さて、この句で如月さんのお気持ちを読み手に届けようとした場合、かなり難しいと思います。
別に届かなくてもいいというのであれば構いませんが、俳句にする以上は、人に読んでもらってわかっていただくように作句に励みたいですね。

思いを伝えるには、一番言いたいことは何か?を自分で整理することかも。
作者は悔やんでいますよね。大切な約束を破ってしまって罪悪感に苛まれている。ああ、約束を守ればよかった、なぜ守らなかったのだろう…。この気持ちを伝えることですね。

・俯いて引きずる足や柿落葉
・罪作りうなだれた目に柿落葉
・守るべきものは約束柿落葉

提案句の
一句目、なぜ俯いているのかわからないですね。仕事疲れ?
二句目、何の罪でしょう?
三句目、あ、約束守らなかったのですね。

如月さんは独特の感性をお持ちのようですので、またご投句ください!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「柿落葉まばらに呻く啓示の書」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「まばらに呻く」は詩的だと思います。
「啓示の書」も悪くないと思います。
でも、それをつなげて『柿落葉は、まばらに呻く啓示の書(のよう)だ』となると、ちょっと???となります。「まばらに呻く啓示の書」の部分の、何が言いたいかが見えにくく・・・

「大事な約束を破ってしまった」「落ち葉が聖書の1ページ1ページに見えた」
コメントのこの2点、どちらをどの程度伝えたいでしょうか。今は後者に寄っており、ファンタジー寄りなので詩にはなりますが風景を見せるのが難しい方ですね。
挑戦するのは良いことだと思います。

・進まざる後悔の足柿落葉

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

洗いたてシューズの並ぶ端午かな

作者名 くまた 回答数 : 1

投稿日時:

火にかけて待つ黒ぢょかや秋時雨

作者名 回答数 : 4

投稿日時:

満天の星空仰ぐ藍浴衣

作者名 山田優 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『柿落葉まばらに呻く啓示の書』 作者: 如月
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ