俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋深し宿酔い覚悟の独り酒

作者 もきゃいち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

二人暮しの妻が出張中で、ひとりぼっちの日曜日の夜。窓から入る秋風が心地よく、ついつい飲み過ぎちゃいます。

最新の添削

深秋を肴に酌める独りかな

回答者 ハオニー

お初にお目にかかります、ハオニーです
秋は寂しくもあり賑わいもある、酒の肴が多い季節ですね

宿酔い覚悟の
が気になりました
家飲みなのに宿?という疑問と、「酔い」とあるけど、酒が後で出てくるため必要なのか?という疑問です

少し手を入れてみます
「秋深し」もいいけど「深秋」を使います

酒の肴としてこの「深秋」を!
という意味を込めて敢えて「酒」を消します

深秋を肴に酌める独りかな

これで少し格調が上がったと思います
この句、秋の楽しさよりも寂しさの方が強いかもしれません
でもそれも秋の魅力ですねっ!(私は夏生まれ)

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水仙のますぐな茎を手折るかな

作者名 あつこ 回答数 : 2

投稿日時:

満員のエレベーターを螽蟖

作者名 長谷機械児 回答数 : 5

投稿日時:

散髪に行きたくなる日花ミモザ

作者名 感じ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋深し宿酔い覚悟の独り酒』 作者: もきゃいち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ