俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋月夜えほん枕に夢の中

作者 KMRAK  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めて投稿させていただきます。
添削お願い致します。

句意としては
遅く帰ってきた親が子供の寝顔を見に部屋へ行った所、絵本を開いたまま寝落ちする子供を月の光が照らす様子を表現したかったです。

最新の添削

月明を絵本と眠る我が子かな

回答者 ハオニー

お初にお目にかかります、ハオニーです
仕事が遅くなってしまうこと、よくありますよね

手直しの句は、この句意に近づけるようにしています
句意を見てすぐに「我が子」は入れようと決めました

そのときに問題となることが2つありました
一つは、秋の季語である「月」もしくは「月夜」に「秋」とつける必要はないということです
句意に「月の光が照らす」とあるので、「月明(げつめい)」という月明かりを意味する言葉を私は採用しました

もう一つは、枕も夢の中も「眠る」というイメージがかぶっていることです
句意には枕も夢の中も書いていなかったため、「眠る」で問題ないと判断しました

今回、「開かれた絵本」「眠っている我が子」「月明かりが照らしている様子」など、ここに焦点を当てて強く描こうと出来るところがたくさんあります
スケッチをすることをイメージすると、月明かりという形状の曖昧なものを本気で描く人もいれば、絵本という小さなものに全力を注ぐ人もいます

ただ、こういう場合は人物に焦点を当てると非常に楽です

先に「月明を」として月明かりの空間を描きます
次に人物と動作とものを入れます
「絵本と眠る我が子」
最後は俳句らしく「かな」と詠嘆してみます
これで一応句意はおおかた入ったと思います

点数: 5

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

氷嚢になづさふ春の風邪籠

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

シューベルトますにこつくり春炬燵

作者名 竜子 回答数 : 0

投稿日時:

おさげ髪背伸びし捻る夏の水

作者名 石坂 紀子 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋月夜えほん枕に夢の中』 作者: KMRAK
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ