俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

山粧う羽衣舞い降る天人峡

作者 オルカ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

北海道の大雪山国立公園へ行った際、前日までの雨のおかげで、天人峡の滝の水量が多かったこともあり、見事な紅葉の中、白い水が天女の羽衣のように裾を広げ綺麗に流れていました。よろしくお願い申し上げます。

最新の添削

「山粧う羽衣舞い降る天人峡」の批評

回答者 なおじい

オルカさん、こんにちは。御句の感想と提案句を置かせていただきます。御句、気になっていながら日が過ぎてしまい、遅くなりました。申し訳ありません。

御句、とてもきれいな、秋らしい景色が浮かびます。天人峡は存じませんでしたが、羽衣の滝とかあるのですね。行ってみたいです。

ただ、御句の場合、そんなにきれいな天人峡、ただでさえ素晴らしい景色を、「山粧う」などという季語と合わせなくてもよろしいのに。
「山粧う」は、ご存知と思いますがとても力のある季語で、誤解を恐れずに言いますと、他の十二音はどうでも、それなりの俳句になると思います。
「山粧う」で全山美しい紅葉、その中で羽衣が舞い降りたような天人峡、といえば、一幅の絵屏風のようですが、同時にうるさくもあります。変な例えですが、ビーフステーキと鰻を一緒に食べるような…。

また、天人峡という固有名詞で場所を特定するのは、具体性が増して画像がクリアになるという効果がある反面、イメージが固定化されてしまい広がりが乏しくなるという場合もあります。
そこで私は、二つご提案したいと思います。
A案:力のある季語「山粧う」は外してしまう。

・秋高し羽衣舞ひ降る天人峡

B案:「山粧う」は使いたい場合

・羽衣の舞ひ降る渓や山粧ふ

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「山粧う羽衣舞い降る天人峡」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

中七「羽衣舞い降る」が「白い水が綺麗に流れていく」比喩とのことですね。
綺麗な比喩ですが、水のことだとは全くわかりません。

さて、どうしましょうか・・・

季語「山粧ふ」と「天人峡」が意味的に若干喧嘩をしています。「天人峡」を外せないならば季語を再検討しても良いかもしれません。「天人峡」を外した方が俳句っぽくなりそうですが・・・

・渓谷の水跳ね跳びて山粧ふ
・秋水や天人峡を跳ねまはる

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

竹藪やこの子はどこの逸れっ子

作者名 ふり 回答数 : 0

投稿日時:

スーパーが今日は来る日かホトトギス

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

充満の朧耳元で警笛

作者名 山田蚯蚓 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『山粧う羽衣舞い降る天人峡』 作者: オルカ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ