俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

待つことにだんだん慣れて梅雨の蝶

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おはようございます👋😃☀私は梅雨の蝶です✨

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「待つことにだんだん慣れて梅雨の蝶」の批評

回答者 輝久

かぬまっこ様。おはようございます。

「梅雨」と「蝶」で季重なりかなと・・・
「だんだんと慣れて」も慣れると言う事は、だんだんですのでいらないかもです。

そこで、「待つことも慣れて一年(ひととせ)梅雨の朝」としてみましたが・・
ここの「待つ」は「誰を待って」も「何かを」待っていても良いと思います

指摘事項: 季重なり

点数: 0

添削のお礼として、輝久さんの俳句の感想を書いてください >>

「待つことにだんだん慣れて梅雨の蝶」の批評

回答者 輝久

ハオ二ー様、どうも!

「梅雨の蝶」・・・わお~有りますね。
しかも奇麗な季語に感じます。

まだまだ白帯の私でした。かぬまっこ様にも、御免なさい。

点数: 0

添削のお礼として、輝久さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝の道踏まないように落とし文

作者名 しらさぎ 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

生意気な十七才や栗の花

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 1

投稿日時:

池に立つ赤き鳥居や帰る雁

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『待つことにだんだん慣れて梅雨の蝶』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ