俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

瞬きて見失ひたる秋の蝶

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

入力ミスの修正。

最新の添削

「瞬きて見失ひたる秋の蝶」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。久田しげき様、いつもお世話になってます。

御句、線が細くてはかない、寂しい情景を上手く表現しておられますね。
秋の蝶ですからただでさえ弱々しいのに、瞬きをしているうちに見失ってしまうとは、もしかしたら幻だったのでは…? そう思うほどですよね。

幻想的な句です。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨晴れや傘吹き溜まる果の駅

作者名 ダック 回答数 : 2

投稿日時:

稲妻で刹那に死ねば楽なのか

作者名 いくたドロップ 回答数 : 4

投稿日時:

てんと虫真ん中歩く我は隅

作者名 綱子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『瞬きて見失ひたる秋の蝶』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ