俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

三川を跨ぎて淡し秋の虹

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

虹の脚が消え易い。

最新の添削

「三川を跨ぎて淡し秋の虹」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、これは木曽川・揖斐川・長良川のことでしょうか?久田さんの句を拝読すると、鵜飼や岐阜城などが登場するので、なんとなくこの辺りの地域と勝手に想像して読ませていただいています。
しかし、並ぶ三つの川をまたぐとは、なかなか壮大ね光景ですね。しかし、その細部に目をやると、虹の脚がやんわり消えかかり、そこに秋の気配を感じる。そこがまた趣深いですよね。

原句、しみじみと味わわせていただきました(*'▽')

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏の果あおき柿の実一つ落つ

作者名 コウ 回答数 : 2

投稿日時:

日の色を孕んでいたか柿の葉よ

作者名 真波 回答数 : 1

投稿日時:

うぐいすや美しき声誰想ふ

作者名 中田若 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『三川を跨ぎて淡し秋の虹』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ