俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蟭瞑や図鑑にあらず夢に這ふ

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

架空の虫が脳裏に浮かぶ。

最新の添削

「蟭瞑や図鑑にあらず夢に這ふ」の批評

回答者 知世

「蟭瞑」、俳句に興味がなかったら一生知らないままになっていたかもしれない言葉です。
漢籍に出てくる空想上の虫ですよね。
私が好きな好きな俳人はそれをまるで身近にいる虫であるかのように詠まれていました。 
比べると「図鑑にあらず夢に這ふ」は「想像上の生き物なんだよ〜」ということを説明するに留まっている表現のように思えます。
あまり使われていない、身近でない季語を詠もうという試みは面白いですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鴉の巣きっと待ってる七つの子

作者名 さつき 回答数 : 2

投稿日時:

レジ打ちの異国の少女鳥帰る

作者名 たけたけ 回答数 : 4

投稿日時:

百合と僕八戒の影に不倫の風

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蟭瞑や図鑑にあらず夢に這ふ』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ