俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

菊花火のような恋したキャンプ小屋

作者 鳥田政宗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季重なりに挑戦してみた
花火を見て目の前にある虚無感を感じ
一目惚れした女性にアタックしてみたが振られた思い出を詠んだ

最新の添削

「菊花火のような恋したキャンプ小屋」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

御句、拝読しました。
花火が開いて散っていく様子を恋にたとえていく様子はなくはないと思いますが、それがキャンプ場のひと夏の思い出となると、ちょっとドラマを感じますね。
上五があふれてもいやではないのですが、菊花火をいいかえて、

「菊先のような恋したキャンプ小屋」としてみました。

いや、あふれてる方がいいかもですね。原句そのまま味わわせていただきます。

いいですねー、うまくいってもいかなくてもそういう恋は甘酸っぱい何かを想起させますね(*'▽')

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

曇天をぴしゃりと裂いて初燕

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 3

投稿日時:

ながむれど月もたえだえ梅雨近し

作者名 きゅうり屋 回答数 : 1

投稿日時:

闇を抜け扇迎えの火群往く

作者名 清水浩次 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『菊花火のような恋したキャンプ小屋』 作者: 鳥田政宗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ