俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏風や人影のなき天鏡閣

作者 74  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

東北一周ドライブ⑦
天鏡閣は福島県の猪苗代湖畔の洋風明治建築の館です。皇族の別邸だったようです。猪苗代湖沿いをなんとなく走って、湖のスワンボート乗り場辺りで見学できると知り立ち寄りました。
朝っぱらから見学に来た物好きを他に見かけなく、一人で広く整えられた庭と館の中の写真を撮りつつ見て回りました。別邸だからか生活感の要素もなく、愁の字が似合う館だと感じました。天鏡閣なんですけどね。昔は華やかな場所だったのでしょう。
↓自覚できた問題点↓
・固有名詞を活かせていない
・「夏風」と「館」の取り合わせ
・「人影のなき」がオリジナリティの欠片もない

最新の添削

「夏風や人影のなき天鏡閣」の批評

回答者 げばげば

こんばんは。
再登場失礼します!

止まれの句コメントありがとうございます!
いろいろ温かい言葉をいただいて励みになります!

止まれの句は、実景とは言いますが、車で帰り道にいつもの一時停止のあの赤い標識を見ただけなんです。でも、そのときに、おー、止まれの標識かー。これ七月が終わるときの標識やったらみんなどう感じるのかなと思って。「七月尽の標識」という措辞が出来上がりました。(七月尽は、旧暦6月なので、本当は今年は8/7?でも、太陽暦で考えてもいいようだとイサクさん)

七月が終わるというときに「止まれ!」という標識があったら、みなさんはどう読むのかなあと。実景ではありますが、知世さんのいう心象風景にぽつんとある標識のような感じです。

とまろう!という人もいれば、とまっていられるか!とか、夏本番やぞこれから!という人もいれば、いったん立ち止まって左右確認して進もう!という人もいるだろう、と。そういう意味で、どう届くかな?というチャレンジ句でした。私は、つっぱしるぞ!なので、「ぞ」という強い強調断定を持ってきてしまいました(苦笑

74さんのチャレンジ楽しませていただきています。自分の中で固有名詞を入れて季語を入れるという縛りで詠んでいくって、なかなか力を試されますし、日に日に問題点反省点が見つめられていますし、イサクさんが面白いとおっしゃった、「オリジナリティの欠片」を入れたいと思っているという反省点が最高ですよね!
私も描写の基礎を学びつつ、そのオリジナリティの欠片をどうやって入れて詩にしていくか奮闘中です。

ぜひ、またいろいろご意見ください!いつもありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

夏暁に愁う百年天鏡閣

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

7か所目になって今更ですが、自分でテーマを絞って作句するというのは、自由に作句するより勉強になる気がしませんか?自分だけでしょうか?
(虫シリーズや植物シリーズをやってみた感想です)

反省点の『「人影のなき」がオリジナリティの欠片もない』これいいですね。
返しでオリジナリティのない「一人佇む」を中七に置こうかと思いましたが、やめておきました・・・
とはいえ行ったことのない場所なので、コメントとネットでわかる範囲の情報で・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「夏風や人影のなき天鏡閣」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句拝読しました!
もう次回が東北ドライブラストですね!楽しく読ませていただいています。

今回は洋館ですね。ちゃんと朝に着いて、拝観もできてよかったですね。もう暗くて見えなかったというのが結構ありましたもんね。

その日見学者が少なかったという人影がないの措辞でなく、どちからというと生活感がない、とか、かつて栄えた館が今は、、という部分に「愁」を感じているのでしょうか?コメントの言葉をいただき添削句。

夏風や愁ひ帯びたる天鏡閣

それでも、中七はオリジナリティ不足から抜け出ませんでしたm(__)m

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の雪ビビンバの焦げかき混ぜる

作者名 藤井茂 回答数 : 1

投稿日時:

落し文道行く子らは脇に寄せ

作者名 鳥越暁 回答数 : 6

投稿日時:

淡い恋りんごの花の白きもと

作者名 優子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏風や人影のなき天鏡閣』 作者: 74
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ