俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

せせらぎと若葉靡ける我が心

作者 中野颯  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

思ったことや感じた事書いた

最新の添削

「せせらぎと若葉靡ける我が心」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
はじめまして、げばげばと申します。

御句拝見しました。
初見、残念ながら光景が浮かびませんでした。
わが心の中の風景?または、私の心はせせらぎの音やなびく若葉のよう、という比喩?というところまで来ました。
そうなると、若葉が比喩では、実際目の前に若葉がないので、季語としては弱くなってしまいます。

むしろ、目の前に若葉を見ている自分にするほうがいいでしょうね。

夏の風靡く葉のごと我が心

と、勝手に風を吹かせてみましたが、
やはり、心の中をたとえる必要はないですね。
今見ている目の前の光景を描写するだけで、読者は
「作者ってこういう光景に視点を合わせたんだからこういう感情なのではないか?」って想像してくれるんです。そして、その想像を読者は楽しみ、作者はその想像がうまく読者に届く描写だけをするんです。こんな心の中です!って書かずに。

そのためには、季語が持っている力(季語を見て、読者がどのような心情を抱くのか、季語が持つ印象、季語に託された雰囲気)などを調べてみるのもいいと思います。季語に気持ちを託すというのも、私も今勉強している最中です!

奥深いですが、一度ためしてみてください。

句の評価:
★★★★★
★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「せせらぎと若葉靡ける我が心」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。

五七五と季語ひとつは守れているようですね。

他に大事なのは「何を言いたいのか伝わるように」ということでしょうかね・・・

俳句を作り始めたころにありがちなのですが、それっぽい単語を並べただけ、という状態になっています。
この句をそのまま解釈すると「せせらぎと若葉が、わが心になびいている」という文章です。
何か隠された意味を探したいのですが、がんばって想像できる風景が「山間のせせらぎと近くに生えている木の若葉が自分の心になびいている」ということでで、結局それほど変わりません。
せせらぎと若葉が「我が心になびいている」とは、どういう状態なのでしょうか?

まず、どんな風景を切り取って表現している(あるいはどんな気持ちを込めている)のか、ご自身で整理して、もう少し他人にわかる言葉で、季語を含んだ文章にしてみることをお勧めします。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

万緑の底の浅瀬に竿を振る

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

葡萄畑渓谷よりの風が抜け

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

ひとり見る過ぎた花火の年月や

作者名 山口裕子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『せせらぎと若葉靡ける我が心』 作者: 中野颯
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ