俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

星空や膝やわらかく宿浴衣

作者 黒徹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

体験談です。
藍浴衣から宿浴衣にして見ました。

最新の添削

「星空や膝やわらかく宿浴衣」の批評

回答者 登盛満

こんにちは。
御句拝読させていただき、
このところのてつ様は、季語「浴衣」の句を極めようとなさっているのかしら?と言う感想を持ちました。

てつ様の投句欄を見させていただいたところ、6月27日から今日まで、季語「浴衣」の句だけで18句もありましたので。

時期が時期なだけに、、、、、、
申し訳ありませんが、色々と、少し邪推の気持ちも沸いてしまいました。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ユピテルの逆行を止む大晦日

作者名 負乗 回答数 : 10

投稿日時:

霜の降る夜とはいかにベートーベン

作者名 負乗 回答数 : 7

投稿日時:

来月は脳神経科渡り鳥

作者名 森本可南 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『星空や膝やわらかく宿浴衣』 作者: 黒徹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ