俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

遠足やバスのなか響くアカペラ

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おはようございます。👋😃☀
この句をどう思いますか。夏井先生にアカペラ書けばもう響いています。といわれるかな…。

最新の添削

「遠足やバスのなか響くアカペラ」の批評

回答者 白井百合子

かぬまっこさんこんにちは。
コメント添削ありがとうございます。
かんばせの意味を調べたら
花のように美しい顔つき
と書いてありました。
かぬまっこさんみたいですね!

点数: 1

添削のお礼として、白井百合子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「遠足やバスのなか響くアカペラ」の批評

回答者 ハオニー

やはり動詞の選択ですね
響くよりもいいものがありそうです
私は候補を一つ見つけたので、説明を読む前から迷いなくそう言うつもりでした

しかしもう一点ありました
そして「バスのなか」が説明的です
ここは「バスに」で済みます
「に」という助詞は散文的になりやすいですが、頼れる助詞なのです

かぬまっこ様なら、音数の調整方法を使いこなせればすぐにセンスを開花させることが出来るはずです
開花しきっているハオニーより、未来があります

遠足☆バスに⚪⚪⚪⚪アカペラ☆
なんて句を私は考えました
これは参考にしてもしなくても構いません

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「遠足やバスのなか響くアカペラ」の批評

回答者 腹井壮

かぬまっこさん、おはようございます。蕾にもなれない腹胃壮です。いつも御世話になります。アカペラという着眼点が元音楽教師でミュージシャンらしいですね。私の場合は助詞の「に」を使わない案です。

遠足のアカペラ続く車内かな

でございます。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

かさかさと歩幅狂はす雑木の芽

作者名 ふり 回答数 : 2

投稿日時:

要望:褒めてください

木の芽には乳いろの雨おしみなく

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

卒寿の冬歳と命は別の物

作者名 田中喜美子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『遠足やバスのなか響くアカペラ』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ