俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

陶房の土間のでこぼこ梅雨最中

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

湿度が高いと足元まで気になる。

最新の添削

陶房の土間の凹凸梅雨深む

回答者 卓鐘

しっかりできていて取り合わせも悪くない句なので、的確な何かを言えるレベルに僕はないのですが、感想としてコメントします。

なにか一つ物足りない気がしました。
考えてみたら、「陶房」が句のなかでいかされているか、「梅雨最中」の季語が効いているか。の二点の疑問があるからでした。

陶房でなくてもこの句は成立しそうな気がしました。ただこの五音をつかって何を?といわれても思いつかない。
では陶房を生かすには?そこで作品を作る人の心情や苦悩みたいなものをどこか匂わせられないか。

考えてみた結果「梅雨深む」を思いつきました。作品のスランプ見たいな気分を表現できたらいいなぁとおもいます。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

公園の孫の後れ毛風光る

作者名 めい 回答数 : 4

投稿日時:

錦秋を待ちて鬼籍へゆかれけり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

病床で命愛しむ大晦日

作者名 友也 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『陶房の土間のでこぼこ梅雨最中』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ