俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

木陰より蝶出で宙は震えけり

作者 西風子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

不意に出てきて驚いた。蝶も驚いたのだろう眼前で急旋回。空気が揺れたように感じました。

最新の添削

蝶出でて蝶の逃げゆく風震ふ

回答者 イサク

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。

初心者さんなのかそうでないのか、判断に迷う作風ですね。
句の構成は初心者さんのやりがちな形になっていますが・・・

・「木陰」と「蝶」で季重なりになりそうです。
 この「木陰」は「(自分から見て)木で隠れた死角」という意味でしょうから、そう書く方がいいと思います。
・「宙が震えけり」・・・びっくりしたことを大げさに言っている感じに読めますが、たぶん違いますよね・・・?

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

大壺に束ねて活けし芒かな

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

靴下に穴の開きたる聖夜かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

天高く馬肥ゆる秋を缶詰で喰ふ

作者名 蟹工場 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『木陰より蝶出で宙は震えけり』 作者: 西風子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ