俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

行く春の空見つめたる乳母車

作者 卯筒  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

公園を散歩していたとき遊んでいる母子の傍に停めてあった空の乳母車が手持無沙汰に空を見上げているように見えた様を詠んだ句です。

最新の添削

行く春や主不在の乳母車

回答者 秋沙美 洋

卯筒さん、こんにちは。

しっかりと季語を盛り込みつつ、形も17音にきれいに纏まっていますね。
「空見つめたる」という乳母車の擬人化が少し気になりましたので、そこだけ変えてみました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

囀りのうちを訪ぬる庭の朝

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

木下闇峯薬師堂のかえるのめ

作者名 74 回答数 : 3

投稿日時:

生老病死真竹のごとく看護婦ら

作者名 素風 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『行く春の空見つめたる乳母車』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ