俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春満月命聞こゆるほど近し

作者 登盛満  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昨夜のピンクムーン、出始めの大きかったこと! なんだかドクンドクンと聞こえて来るようでした。

最新の添削

「春満月命聞こゆるほど近し」の批評

回答者 よし造

再訪です。
以前拙句蜂の巣に「落とされし巣の跡蜂の離れざる」という添削句を頂いたままになっているのを思い出しました。確かに、巣がないのに辺りを飛び回りますね。いい句と思います。ありがとうございました。

なお、「地震のあと」は「ないのあと」と読ませたいので字余りではありません。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

春満月聴こゆ心臓らしき音

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

登盛さん、こんにちは。

「命聞こゆる」があまりに唐突です。月が命を持っている訳ではありませんので、別の生命をイメージする可能性が大いにあります。
擬人化や比喩は使い方によって効果的に働きますが、安易に使ってしまうと、読み手に伝わりづらい句になってしまいます。

提案句では聞こえているのが満月の命だと分かるよう、また比喩が比喩だと分かるよう変えてみました。
あえて「聞こゆ心臓らしき音」とゆったり書きましたが、「心音」と縮めても良いでしょう。
この辺りはお任せしますので、今一度推敲されてみてはいかがでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

春満月響きなん心臓の音

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

昨日の満月はすごかったですね!私も建物の隙間から見た程度ですけれども・・・
私も俳句にしたかったですが、圧倒されて力量不足を痛感するほど見事な月でした!

御句、月の中でも「満月」という季語は、それだけですごい力を持っていると思いますので、「近し」と言いたいところを我慢して・・・

「春満月を見ていて心臓の音が聞こえた気がした。自分の心臓の音か、はたまた月の鼓動だったかもしれない」

ぐらいの句意で、いかがでしょうか・・・?

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

春満月のいのち聞こゆるほど近し

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

こういうアニミズム的な感覚は好きです。石の声も聞こえますから。「命聞こゆる」も
詩的発想の一つと思います。命という抽象が声を持つわけはありませんから。
素直に読めばこのままでもよさそうですが、一読した時には、上五で切れるので、満月に照らされている恋人とか子供とかの情景と思いました。満月の命と間違いなく読ませるには「春満月命聞こゆるごとく在り」みたいに比喩を使うか。上五を7音の字余りにするかかもしれません。プレバト以来上五の字余りは寛大になっている気がします。と書いてきて読み返すと原句の方がよい感じがしてきました。命は「いのち」としたいですが。煮え切らないコメントですみません。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

境内にそれぞれの秋落ちてをり

作者名 塩豆 回答数 : 8

投稿日時:

抱卵の鶺鴒と目の合ひにけり

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

霜降りの肉美味からん霜夜ゆく

作者名 負乗 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春満月命聞こゆるほど近し』 作者: 登盛満
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ