短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

明後日旅に出る身は古希なれど徐々に心は十五の自分

作者 鴨長迷  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

明後日から旅に出ます。
青春の日に夢見たトロイアを含むギリシャの地です。日本を離れることで、昔の自分に戻れる気がします。いやそうなりたい為に旅に出るのかもしれません。

最新の添削

「明後日旅に出る身は古希なれど徐々に心は十五の自分」の批評

回答者 よしはむ

鴨長迷さんの短歌を拝読しました。
旅行、楽しんでこられましたか?

「古希」とは70歳のこと。かなり古風な言葉なので、辞書で調べないと意味がわかりにくいのが難点かと思いました。
歌としては、10代に戻るような初々しさが描かれていてよかったと思います。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 0

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

長距離走味方にエール送るけど贈りたいのは敵側の君

作者名 ぽん 回答数 : 0

投稿日時:

きみ恋しなくも届かぬはぐれ鳥小枝をゆらす秋の夕暮れ

作者名 夏目吉春 回答数 : 1

投稿日時:

慕情かな枯葉集めて手に取れば重ねる波に砂の足跡

作者名 渡 弘道 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『明後日旅に出る身は古希なれど徐々に心は十五の自分』 作者: 鴨長迷
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ