短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

桜散り歩道に広がるじゅうたんは自然からの贈り物なり

作者 マーチ  投稿日

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

桜が散ると本物ピンク色のじゅうたんが広がったみたいになります。
自然が作り出す贈り物かなと思いました。

最新の添削

「桜散り歩道に広がるじゅうたんは自然からの贈り物なり」の批評

回答者 よしはむ

マーチさんの短歌を拝読しました。
すごく良い歌だと思いました。散った桜の花びらのじゅうたんを自然からの贈り物と例えるのは、すごくセンスが良いと思います。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 0

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

野の花はお疲れ様と言うように見てめてくれる散歩道なり

作者名 山口雀昭 回答数 : 0

投稿日時:

春なれど魔法の鏡眺めてはしくしく泣くの何故なのかしら

作者名 堀籠美雪 回答数 : 0

投稿日時:

村煙遠く見えてや池の鳥水にたたいて雨の滴り

作者名 密奥 白楊 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『桜散り歩道に広がるじゅうたんは自然からの贈り物なり』 作者: マーチ
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ