短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

下手くそな笑顔見せ言ういつかまた濡れた袖口気づかれぬよう

作者 ゴンタ  投稿日

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

テーマは卒業です。
泣いているのがばれないように友達に笑顔で挨拶するけど、泣きそうでうまく笑えない。

最新の添削

下手くそな笑顔隠せず握手を交わす濡れた袖口

回答者 腹胃壮

ゴンタさん、おはようございます。明けましておめでとうございます。宜しくお願いいたします。

最初読んだ時には恋人との別れかと思いましたが卒業を歌ったのですね。俳句にも季語として卒業がありますが短歌で歌うのまた別の趣があると思います。
しかし俳句と川柳は素人で短歌は素人以下なので短歌の字余りの良し悪しがまったくわからないのです。とりあえず五七五七七の定型に直してみました。
評価はいかがなものでしょう。

点数: 0

添削のお礼として、腹胃壮さんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鼻高きヴィーナス達で街あふれ誰と恋する我目移りす

作者名 鴨長迷 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

猫死にて庭に残りし残飯に雀五六羽怖じずついばむ

作者名 森田 広務 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

君は僕ボクはキミだけを見ている水族館の水槽越しに

作者名 よしはむ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『下手くそな笑顔見せ言ういつかまた濡れた袖口気づかれぬよう』 作者: ゴンタ
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ