短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

乗客が徐々に下車した終点で一羽の雀チョンと乗り込む

作者 鴨長迷  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

‪アテネも慣れてきて、電車で郊外を探索。いつしか何処を走っているか分からなくなる。気づけば乗客も少なくなり終点にいた。すると、入口にチュンチュンと雀くんが一羽乗車。不安感を忘れさせてくれた。‬

最新の添削

その他の添削依頼

ぽっかりと僕の部屋には君の影僕ら僕たち君は卒業

作者名 くまたそ 回答数 : 0

投稿日時:

要望:褒めてください

その色やいかで知らるる月あらで我も居らせよ雨の夜桜

作者名 いつあり 回答数 : 0

投稿日時:

裸木に しがみつきたる 柿のみを 夕日が照らし 今輝けり

作者名 鴨長迷 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『乗客が徐々に下車した終点で一羽の雀チョンと乗り込む』 作者: 鴨長迷
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ