短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

上の階子ども二人の出す音に対策しても甲斐はないまま

作者 悟り鯛子  投稿日

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

何にも飾らずに深く考えずに出るのは実生活の辛さです。

最新の添削

「上の階子ども二人の出す音に対策しても甲斐はないまま」の批評

回答者 よしはむ

悟り鯛子さんの短歌を拝読しました。
日常の生活をネタにされるのは良いと思うのですが、ネガティブな内容なので、ちょっと読後感が悪いかなと思います。

「子供に悩まされているけれど、元気で良いね」
のようにポジティブな歌にされると良いのではないかと思いました。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 0

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

まんまるとわれのまるめしくさだんご ふぞろいのかお なきやわらいの

作者名 秋明 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

ほどけゆく意識を放流した夜はふかふか泳ぐとこしえの海

作者名 柑波 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『上の階子ども二人の出す音に対策しても甲斐はないまま』 作者: 悟り鯛子
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ