短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

籠の中捨てられ兎声もなく朝陽を浴びて何を想うか

作者 福澤貴美子  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

これは、ある実際の出来ごとに基づいています。

最新の添削

「籠の中捨てられ兎声もなく朝陽を浴びて何を想うか」の批評

回答者 よしはむ

福澤貴美子さんの短歌を拝読しました。
厳しくして欲しいとのご要望ですので、率直な意見を申し上げます。

>籠の中捨てられ兎声もなく朝陽を浴びて何を想うか

うさぎさんが捨てられて悲しい歌です。
ただ、「何を想うか」と、うさぎさんの内面を問うてしまっているのが、あまり良くないかなと思いました。
うさぎさんの様子を描写することで、悲しさを伝えるのが良いと思います。

例えば俵万智の短歌の

思い出の一つのようでそのままにしておく麦わら帽子のへこみ

【歌 意】
思い出の一つのように思えて、夏にかぶった麦わら帽子のへこみをそのままにしておくのだ。
という意味です。

麦わら帽子を描写することで、夏の思い出に対する感情を伝えています。
この歌は、どのような思い出なのか受け手に想像させる余地があり、余韻がある歌になっています。
このように対象を描写することで、想像の余地を与えるような歌が理想かと思います。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 0

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

裸木に しがみつきたる 柿のみを 夕日が照らし 今輝けり

作者名 鴨長迷 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

そわそわとあの人来るの待ちわびて一個のキャンディー手に握りしめて

作者名 マーチ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:褒めてください

のらねこが職場に居つき皆の心ときに和ませときに慌てさせ

作者名 マーチ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『籠の中捨てられ兎声もなく朝陽を浴びて何を想うか』 作者: 福澤貴美子
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ