短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

過ぎてこし もどらじの冬 惜しむらむ 春待つ心 嘘はなけれど

作者 河口亨  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

何か時の流れが恐ろしくむなしいと思ったときふと浮かびました。

最新の添削

「過ぎてこし もどらじの冬 惜しむらむ 春待つ心 嘘はなけれど」の批評

回答者 堀籠美雪

河口亨様
私も短歌初心者なので厳しく出来ませんが、本当に、時の流れが早く、気付いたらこんなにも経っていた時もありますよね。

点数: 0

添削のお礼として、堀籠美雪さんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

人類の 皆つまらなく 生きてほしい 私の毎日 輝くように

作者名 ハナコンブ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:褒めてください

美しさ 改めて知る 童謡を 涙拭きつつ 観るは『この道』

作者名 鴨長迷 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

湖西線きみ住む街へ登りゆくアポを取らずに再会を期待し

作者名 森田 広務 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『過ぎてこし もどらじの冬 惜しむらむ 春待つ心 嘘はなけれど』 作者: 河口亨
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ