短歌添削道場(投句と批評)

腹胃壮さんの添削最新の投稿順の2ページ目

好きだよがゼロとイチとに羅列され君の画面に素直な気持ち

回答者 腹胃壮

添削した短歌: 好きだよと素直な気持ち羅列して伝わるはずかこんな想いが

よしはむさん明けましておめでとうございます。
僭越ながら原句をイメージして自分なりに直してみました。短歌には不慣れですのでこの程度で御勘弁を。

点数: 1

下手くそな笑顔隠せず握手を交わす濡れた袖口

回答者 腹胃壮

添削した短歌: 下手くそな笑顔見せ言ういつかまた濡れた袖口気づかれぬよう

ゴンタさん、おはようございます。明けましておめでとうございます。宜しくお願いいたします。

最初読んだ時には恋人との別れかと思いましたが卒業を歌ったのですね。俳句にも季語として卒業がありますが短歌で歌うのまた別の趣があると思います。
しかし俳句と川柳は素人で短歌は素人以下なので短歌の字余りの良し悪しがまったくわからないのです。とりあえず五七五七七の定型に直してみました。
評価はいかがなものでしょう。

点数: 0

その他の添削依頼

ふと見ると通学路行くランドセル大きな夢をそれぞれに詰め

作者名 鴨長迷 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

慕情かな枯葉集めて手に取れば重ねる波に砂の足跡

作者名 渡 弘道 回答数 : 0

投稿日時:

戌年は始まったばかり如月に春を待たずに空へ逝く君

作者名 めぐみ 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ