俳句クラブ『今日の一句』。俳人友達の交流掲示板

物悲しい季節の始まり (No: 1)

スレ主 匿名 : 1 20代 投稿日時:

秋の夕焼け空に舞うとんぼ
いままでの思い出がよみがえります。

今日の一句

過ぎ去った日々へと向かう赤トンボ

カテゴリー: 雑談。最近の出来事

この投稿に返信する!

物悲しい季節の始まりの返信 (No: 2)

投稿者 かぎろい : 0 30代 男性 No: 1の返信

投稿日時:

こんにちは。
寂寥感が伝わる句ですね。

俳句は自然や景色を通して、情感を伝える文芸なので、「過ぎ去った日々」と自然にはない抽象的なことを書いてしまうと、説明的な句になってしまいます。
例えば、寂しさを伝える場合は、

いくたびも雪の深さを尋ねけり

といった正岡子規の俳句が参考になります。
これは正岡子規が病気で身体が動かなくなった時に作った句です。

外の様子がわからないので、雪の深さを家人に聞いている句です。
病気で苦しいなどといった説明的なことは一切言わないのに、もの悲しさが伝わってくる名句です。

このレベルの俳句を作るのは難しいですが、説明的にならない、悲しいと言わずに悲しさを伝える、という部分を意識して作られると、もっと良い句になると思います。

投稿に返信する!

他の投稿一覧

暖冬

投稿者 楽遊生 回答数 : 0

投稿日時:

今年はどこも異常なほど雪不足でした。いつもの言葉で「数十年に一度の」 続きを読む >>

今日の一句:雪の下せせらぎの音春近し

お知らせです

投稿者 大江深夜 回答数 : 0

投稿日時:

はじめまして。超結社超流派のネット句会「やってみよう句会」です。 ○「俳句を始めたばかりで右も左もよくわからない」 ... 続きを読む >>

今日の一句:雌鮭の尾の擦り切れし骸かな

まえの父親は偽装死亡

投稿者 まえ 回答数 : 0

投稿日時:

下記の書き込みは吹上万依の父親 吹上新茉の家族 工藤会の元暴力団 関東GIGINAの書き込みです。 未解決、 1996年2月... 続きを読む >>

今日の一句:殺人

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル: 物悲しい季節の始まり 投稿者: 匿名

今日の一句: 過ぎ去った日々へと向かう赤トンボ

秋の夕焼け空に舞うとんぼ
いままでの思い出がよみがえります。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

俳句クラブ『今日の一句』の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ