俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

偽りのキャラ演じ切り朧月

作者 鳥田政宗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

コントって言うフィクションの設定を全うしたのを句にした
朧月はなんとなく

最新の添削

「偽りのキャラ演じ切り朧月」の批評

回答者 秋沙美 洋

鳥田さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

どんなキャラを偽って演じているのか?というのが見えて来ず、具体性に乏しい句になっていると思います。
本当は暗い自分と朧月とを重ねて、こんなんどうでしょうか。
「朧月明るい我を演じきる」

↑は句だけを見た上での感想と添削です。
以下は句意を読んで。

……正直言いますと、句だけを見てコントの事だと悟るのは無理があります。
コントならそう書けばいいのに勿体ない…。そもそも、コントの三文字を使えば『「偽り」「キャラ」「演じて」』これらを全部ひっくるめる事が出来るのに、そうしなかった理由が自分には分かりませんでした。

「○○のコントを終えて朧月」
とりあえずの添削です。どんなコントだったかは分かりませんので、上五はお任せします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

猫出でて我は離れぬ布団かな

作者名 よし造 回答数 : 3

投稿日時:

小走りに巫女の簪風光る

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

春の蝶ラーメン大好き小泉さん

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『偽りのキャラ演じ切り朧月』 作者: 鳥田政宗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ