俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

硝子拭きサンタの飾り母小言

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

寝たきりの父がいつも外を見る窓に、姉と買ったサンタのジェルステッカーを貼っていたら、窓を拭いてからねと、母に言われた。当たり前か…。面倒くさいけれど仕方ない。と云いつつ、硝子クリーナーは買ったがまだ拭いていない。明日仕事だから早く帰りたい。でも弟が夜、刺し身を切ってあげるよ、と云いに来た。帰れない😭💦

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

硝子拭きサンタを飾る親子にて

回答者 久田しげき

句の評価:
★★★★★
★★

「母小言」は詩に乏しい。
小生は貧乏人ですが「随所に楽しむ」がモットーで、俳句もその一つ。雪目は春山の涸沢にテントを張った時で、目の繃帯を外したのが松本城の天守の暗い部屋でした。
妙高、赤倉は幾度と、月夜のアイスバーンは快適でした。妙高高原駅(旧田口駅)前の喫茶シャモニーまで競って下りました。

点数: 1

添削のお礼として、久田しげきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

年月に黄ばむ折り目の日傘かな

作者名 三男 回答数 : 1

投稿日時:

初夢や酒酌む先は忘れたり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

縄跳びやピエロの渡る大車輪

作者名 ドキ子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『硝子拭きサンタの飾り母小言』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ