俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

大花野ときどき雲の影走る

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

入力ミスの訂正。

最新の添削

「大花野ときどき雲の影走る」の批評

回答者 三男

久田しげき様 こんにちは
きょうは外出先から失礼しています。
上海市の歩行者天国"南京東路"を歩いていましたが、平日にもかかわらず通り全体が日本の初詣客のような賑わいで、中秋の名月が近いからか月餅を買い求めて列をなす店を幾つも見受けました。また外灘が近いので、新婚さん達が数組ウェディングドレスを着て思い思いの記念写真に収まっていました。
久田さまの囲碁で思い出しましたが、与謝野馨さんがご健在の頃、利用されていた会員制の某ホテルで何度かお見かけしており、国会議員や名士が利用されるだけあって、静寂の雰囲気がとてもよく理解されました。
また、本日も私の至らぬ作品に助言をいただき、誠にありがとうございます。もっと工夫が必要なのは理解していますので、一歩でも踏み込めるように取り組んで参りたい存じます。
失礼いたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

対岸に納涼床の仄灯り

作者名 なおじい 回答数 : 13

投稿日時:

メーデーや歩き煙草を嗅ぐ赤子

作者名 Y太 回答数 : 2

投稿日時:

冬初め夜の街へと孫と行く

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『大花野ときどき雲の影走る』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ