俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

薮揺れて獣潜むか秋の山

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

日本猿は何度か目撃しましたが怖かったのは捨て猫です。
足柄山でおにぎりを食べていたらいつの間にか真後ろに二頭が。"ジャー"と聞いたことも無い声をたてられ、今にも飛びかからんばかりでした。野生化したのでしょう。蛇も要注意です。
秋山の薮揺する音獣かな

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「薮揺れて獣潜むか秋の山」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

三男様
私も公園ですが、マグロのお寿司をたべていたら、猫がシャーッと、鳴いて?前から飛び掛かって来そうになり、思わず落としてしまい、猫が鮪を持って行きました。怖ろしいですよね、猿は、目を合わせると良くないと聞いた事があります。

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

克ちて呑む父の笑顔や祈る月

作者名 虎馬 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

猫の恋二十歳の恋に胸痛む

作者名 ダック 回答数 : 2

投稿日時:

散髪に行きたくなる日花ミモザ

作者名 感じ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『薮揺れて獣潜むか秋の山』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ