俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

眼球の澄みて新たな二月かな

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

そんな気分です✨

最新の添削

「眼球の澄みて新たな二月かな」の批評

回答者 腹井壮

かねまっこさん、こんばんわ。いつもコメント有り難うございます。

最初は白内障や緑内障の手術を受けた人の事かと思いました。理由は「澄みて」で一度説明的な軽い切れが生じているからです。ならばもっとはっきりとした切れを入れて

澄みわたる眼球待望の二月
晴れわたる眼球待望の二月

「新しき」は清々しい眼球には過剰な説明のような気がしたので差し替えました。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

かるがもの二列歩行やビルの淵

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 2

投稿日時:

天そばの残りのつゆの刻み葱

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

花嫁の真紅のサリー夏の宴

作者名 緋夢灯 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『眼球の澄みて新たな二月かな』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ