俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朝なけに梅雨の走りの傘駆ける

作者 三男  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

当地では、あと数日で梅雨入りする予報となっています。ここに至るまでの天候は不順で、一日中雨が降ったかと思えば、晴れから突然曇って雨をもたらしたりで、傘の準備を怠るととかく雨の中を疾走する羽目になるというものですね。
その様子を観察したものです。
ところで、くだんについては各位のお話で理解いたします。初回から貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
週末は俳句添削道場の時間を工夫したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

最新の添削

朝なけに駆くる人あり走り梅雨

回答者 いなだはまち

三男さま
お世話様です。

御句の解釈ですが、
朝に昼に、走り梅雨の傘が、駆けてゆくことよ。
となり、コメントとは、違う映像になっているようです。

下五の「傘駆ける」は、違和感があります。「傘を持たない人が駆ける」でしたら意味が通りそうです。
読みが違っていましたらご指摘ください。

あと、詩情や余情を足せるとよいですね。

句の評価:
★★★★★
★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

人恋ふる豆を蒔けやと閑古鳥

作者名 ワタナベシンイチ 回答数 : 1

投稿日時:

夏の日の帰京将門公拝む

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

大花野ときどき雲の影走る

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朝なけに梅雨の走りの傘駆ける』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ