俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鍋奉行の絶叫白菜にいつく虫

作者 武照  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

自分の体験を句にしました。
「いつく」によって白菜に虫がついていたことを忌々しく思った気持ちを表現してみました。

最新の添削

「鍋奉行の絶叫白菜にいつく虫」の批評

回答者 森本可南

義母から、送られた白菜には、農薬がつかわれてなくて、虫みるたびに絶叫してました。

白菜の中にいる虫みる度絶叫

なべ奉行は、かならずいる意味は、ないと思います

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

昼寝妻額に刻む赤一線

作者名 といろ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

七段のひな壇飾る一仕事

作者名 素一 回答数 : 3

投稿日時:

初蝶のひらりひらりと通せんぼ

作者名 宮武桜子 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鍋奉行の絶叫白菜にいつく虫』 作者: 武照
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ