俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

凍鶴や吾を乱し消え去りし君

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

跡形もなく去っていった君。😢⤵⤵正に晴天の霹靂❗
ばかバカ馬鹿❗

最新の添削

「凍鶴や吾を乱し消え去りし君」の批評

回答者 腹井壮

はい、お待たせしましたかぬまっこさん。

自分の実力ではこの二句が限界です。

凍鶴や君は一人の逃避行
凍鶴や夜逃げの君の後始末

こんなオッサンに身も心も奪われる前に早くいい人見つけて下さいね(笑) かぬまっこさんを待っている人はきっといますよ。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

曇天を映すうすらひなでし東風

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

暁の枯れ葉一枚踏みにけり

作者名 こま爺 回答数 : 0

投稿日時:

亀鳴くやまたも雑事を忘れけり

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『凍鶴や吾を乱し消え去りし君』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ