俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

藍染の袖に団扇の涼み船

作者 コウ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季重なりになると思いますが
どうでしょうか?

最新の添削

藍染の袖に団扇の涼み船

回答者 武照

最初、「袖に」が不要かと思いました。しかし、「袖に団扇」を持っていることを表して、浴衣と団扇で夏の暑いなか、清涼を風情とともに感じようとしていることが効果的に伝わります。
「涼み船」は、納涼の舟遊びを指し、浴衣を着て団扇を持って優雅に舟遊びをする様が目の前の光景として現れるかのようです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、武照さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

行く恋か戻る恋かと通う猫

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

秋うらら浅瀬の鯉の腹を擦る

作者名 かこ 回答数 : 2

投稿日時:

優しさは伝染するね朝桜

作者名 春野ぷりん 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『藍染の袖に団扇の涼み船』 作者: コウ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ