俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

老夫婦梅ふくらんで仲をもつ

作者 白井百合子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

年を取るとだんだん無口になって来ましたが、今梅がふくらんで来ているので話の花になってくれています。

最新の添削

「老夫婦梅ふくらんで仲をもつ」の批評

回答者 腹井壮

白井百合子さん、こんにちわ。
動詞の使い方に質問がありました。逃げる訳ではありませんが漠然とした質問でありこの添削道場では説明に向いておりません。ましてや自分は誰かに俳句にを教わった事のない句歴二年に満たない初心者です。
ですので自分が得たノウハウだけお伝えいたします。動詞の使い方よりも動詞を減らす事をまず考えて作句してください。まず一度出来上がった句の中に動詞が二つ以上あったら迷わず一つにまで減らします。実際専門俳人の詠む句の多くが動詞が一つしかありません。ですから動詞が二つ以上あったらほぼ確実に不要な動詞があると考えます。さらに減らせるのなら動詞はゼロにします。こうする事で私のような下手クソでも俳句らしい形に整える事はできます。必要があって動詞が二つという場合もありますがやはり一つかゼロにしておくのが無難です。
ちなみに今回の原句を見る限り「仲をもつ」という動詞を使った表現は不要だとすぐに判断致しました。
以上になります。
御期待に添えず申し訳ありません。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「老夫婦梅ふくらんで仲をもつ」の批評

回答者 腹井壮

老とまでいかなくても既でに無口な夫婦生活の腹井壮です。白井百合子さん、こんにちわ。

川柳の締め切りもあるので今回はアドバイスだけです。まず、俳句とは何かをしてだからこうなったと説明するものではないのです。ご夫婦で散歩した時の光景をもう一度思い出してみる事をお薦めします。

点数: 3

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

エジプトのミイラの眠る霜の夜

作者名 よし造 回答数 : 2

投稿日時:

薫香と無粋な噺や青紅葉

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

さくらキャッチの跳躍セーラーひらり

作者名 ゆるくわ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『老夫婦梅ふくらんで仲をもつ』 作者: 白井百合子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ